経営方針
 
  1  学 校 経 営 の 方 針
 本校は県北地区特別支援教育推進の中心校としてその責務の遂行に努めながら、様々な障害や行動特性のある児童生徒に対して、小学校、中学校、高等学校に準ずる教育を一貫して行う。
 このため、特別支援教育の専門性を高め、日々の授業及び生活指導を充実させ、
「自立と社会参加」を目指す教育活動を展開する。
 
  2  教 育 目 標
  児童生徒一人一人の障害の状態や発達段階、特性に応じた教育環境を整備し、個別の指導計画の達成を目指し、一人一人の可能性を最大限に引き出しながら、自立的に社会参加できる力の育成に努める。

 この目標を達成するために、以下の「目指す子ども像(校訓)」を掲げ、日々の教育を実践する。


   健 康    心身ともに健康になろうと努力する子ども
       
 誠 実     喜びをもって精一杯努力する子ども
       
 自 立    自分のことは自分の力で成し遂げようと努力する子ども
       

 3  学 校 経 営 の 重 点

(1)「地域と共に育ち,地域に感謝される学校づくり」の推進
 ①地域の特色と小規模校の良さを生かした「社会に開かれた教育課程の編成」と特色ある教育活動
  の展開
 ②「街は大きな教室だ」を合言葉とした「絆プロジェクト」の展開による「地域を元気にする学校」の具
  現化
 ③地域の変化に対応したインクルーシブ教育システムの構築と共生社会の実現に寄与するセンター
  的機能の推進
 ④PTA・進路後援会活動等の活性化を通した社会参加につながる力を育む指導の充実


(2)「子どもの思いや願いに応える」をキーワードとした,社会に参加する力を育む教育活動や実践研究
  充実事業の展開
 ①「おだやか,ゆるやか,ていねいに」を基本とした体験的,実践的な学習「絆プロジェクト」を中核にした
  地域に根ざした教育課程の編成t評価・改善
 ②将来の社会自立を見据え,育てたい資質・能力を明確にした専門性の高い教育の充実
 ③一人一人の豊かな社会自立を目指したキャリア教育・進路指導の充実
 ④小規模校の良さを生かし,学部を超えた学び合いを活用した児童生徒の育成
 ⑤全校体力つくりの推進と,部活動の活性化


(3)公開研究会による地域への新たな発信と専門性を生かした指導支援の充実と安全・安心な学校づくり
 ①本分校の連携による委託研究推進と公開研究会の実施
 ②生徒指導に係る問題等への予防的・即時対応,様々な場面を想定した機器管理の体制の整備
 ③弾力的で効果的に業務を遂行する体制の推進
 ④学校管理/機器管理マニュアルに基づいた安全な学校づくり