経営方針
 
  1  学 校 経 営 の 方 針
 本校は県北地区特別支援教育推進の中心校としてその責務の遂行に努めながら、様々な障害や行動特性のある児童生徒に対して、小学校、中学校、高等学校に準ずる教育を一貫して行う。
 このため、特別支援教育の専門性を高め、日々の授業及び生活指導を充実させ、
「自立と社会参加」を目指す教育活動を展開する。
 
  2  教 育 目 標
  児童生徒一人一人の障害の状態や発達段階、特性に応じた教育環境を整備し、個別の指導計画の達成を目指し、一人一人の可能性を最大限に引き出しながら、自立的に社会参加できる力の育成に努める。

 この目標を達成するために、以下の「目指す子ども像(校訓)」を掲げ、日々の教育を実践する。


   健 康    心身ともに健康になろうと努力する子ども
       
 誠 実     喜びをもって精一杯努力する子ども
       
 自 立    自分のことは自分の力で成し遂げようと努力する子ども
       

 3  学 校 経 営 の 重 点
(1)「地域と共に生き、地域に貢献する学校づくり」を推進する。
①   恵まれた自然環境、地域環境を生かした教育課程を編成し、地域の特色を生かした活動及び農園芸等の作業学習を充実させる。
②   「街は大きな教室だ」を合言葉に地域との共催行事の実施、製作物や収穫物の地域への販売、地域商店街へのプランター設置除雪ボランティアなどの感謝される体験等の取組を通し、地域に根ざし地域と共に生きる教育活動を展開する。
③    学校を取り巻く環境、学校に求められている機能及び校舎改築や周年行事を踏まえ、これまで培ってきた専門性を生かした、将来構想を具体化する。
④    学校後援会、進路後援会の一層の活性化を通して、社会に参加する力を育む指導の充実に努める。
   
(2) 「子どもの思いや願いに応える」をキーワードとし、社会に参加する力を育む教育活動を展開する。
 ①  「おだやかに、ゆるやかに、ていねいに」を基本とし、常にチャレンジのある学習活動を展開する。
 ②  児童生徒が共に学び合う体験的実際的な学習を工夫し、授業改善を進める。
 ③  「考える」「感じる」「伝える」能力を育成する。
 ④  部活動の活性化を図る。
   
(3) 弾力的で効果的に業務を遂行する体制を推進する。
①    学級、学部の枠を越えた活動、指導体制を工夫するなど、「選択と集中」を推進し、指導の充実を図る。
②   教職員一人一人の専門性や特性を生かしたシステムを整え、チームとして常にチャレンジする体制を推進する。